ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

収納BOOK

カテゴリで絞り込む

【リビングルーム】収納のポイント

【Point 1】サイズを選ぶ

【Point 1】サイズを選ぶ

A4サイズ対応のカラーボックスなら、雑誌や書類、ファイルの整理にも役立ちます。
しまうものに合わせてサイズを選びましょう。

【Point 2】まとめてしまう

【Point 2】まとめてしまう

収納家具にぴったりのボックスを合わせると見た目もすっきりし、掃除やものを取り出す際に便利です。

【Point 3】使う人で分ける

【Point 3】使う人で分ける

お母さんのアクセサリーやメイク道具、こどものゲームやお絵かきセット、掃除道具や携帯のコード…など、使う人別・用途別にしまうバスケットを決めて収納すれば、乱雑にならず生活感を隠せます。

【Point 4】壁面を有効活用する

【Point 4】壁面を有効活用する

収納スペースが少ない場合は壁面をまるごと収納できる壁面収納がおススメ!!

【Point 5】収納で仕切る

【Point 5】収納で仕切る

スペースを仕切るのに収納家具を使うと収納力がアップします。

リビング収納アイテム をみる

【キッチン】 収納のポイント

【お手入れしやすい素材】

【お手入れしやすい素材】

汚れてもさっと拭ける
『ポリプロピレン』
『ポリエチレン』
『ステンレス』
などの素材が適しています。

【Point 1】まとめてしまう

【Point 1】まとめてしまう

冷蔵庫の中は、「調味料セット」や、「朝ごはんセット」「お父さんの晩酌セット」「こどものおやつセット」など、グループに分けて収納すると出し入れしやすく、使い忘れなどのムダも減り便利です。

【Point 2】掛けてしまう

【Point 2】掛けてしまう

使用頻度の高いものは、掛けておくと、すぐに手に取れます。
壁面などちょっとしたスペースをいかして、手軽に収納できます。

【Point 3】仕切ってしまう

【Point 3】仕切ってしまう

引出しの中など、小さなケースやトレーを使って仕切って収納すると、細かなものや用途が異なるものを手に取りやすく整理できます。

【Point 4】立ててしまう

【Point 4】立ててしまう

引出しは上から見るため、立てて収納するのが基本。 上から取りやすいスタンドを使えば、フライパンやふたがスムーズに取り出せます。

【Point 5】付けてしまう

【Point 5】付けてしまう

マグネット付きアイテムを使えば、冷蔵庫の扉や側面も有効活用できます。

キッチン収納アイテム をみる

【ベッドルーム】収納のポイント

【Point 1】収納アイテムを揃える

【Point 1】収納アイテムを揃える

ハンガーを揃えると、肩のラインが揃って衣類が出しやすくなり、スペースに無駄のない美しい収納ができます。

【Point 2】色別にしまう

【Point 2】色別にしまう

クローゼットの中は、色別に分けて収納すると、見た目にも分かりやすくコーディネートしやすくなります。

【Point 3】適正サイズごとにしまう

【Point 3】適正サイズごとにしまう

衣装ケースは、収納する衣類別に最適サイズを。 S(高さ20cm)は下着や靴下、こども服など、M(高さ25cm)は新品のストッキングやタイツ、セーター、Tシャツ、デニムなど、L(高さ0cm)は厚手のセーター、かばん、ブランケットなどがオススメです。

【Point 4】ベッド下を上手に使う

【Point 4】ベッド下を上手に使う

引出し付きベッドは、オフシーズンの寝具やパジャマなど、使用頻度の低いものの収納に最適です。

【Point 5】整理ボックスを利用する

【Point 5】整理ボックスを利用する

引出しの中は仕切りアイテムなど使うとより使いやすくなります。
縦型収納すれば、どこに何があるか一目瞭然です。

【Point 6】壁面を有効活用する

【Point 6】壁面を有効活用する

いろいろな収納アイテムを組み合わせて壁一面を収納にするとウォークインクローゼットのようにつかえます。

【Point 7】扉の位置を考える

【Point 7】扉の位置を考える

押入れは扉の開閉を考えて、中心にかからないように左右に分けて収納するのが基本です。
収納したものがスムーズに出し入れできます。

【Point 8】適した高さにしまう

【Point 8】適した高さにしまう

押入れは取り出しやすい位置に衣類ケースなどを活用してよく使うものを、その上に布団など使用頻度の高くないものを収納しましょう。

【Point 9】押入れをクローゼットに

【Point 9】押入れをクローゼットに

押入れの中につっぱりポールを取り付けて、奥に収納ケースを配置すれば、クローゼットのように使えます。

【Point 10】収納アイテムを選ぶ

【Point 10】収納アイテムを選ぶ

キャスター付きの収納は、手軽に動かせて取り出しが便利。重たいものや、よく使うものの収納に最適です。

【Point 11】スペースを有効活用する

【Point 11】スペースを有効活用する

デットスペースも棚などをつけて収納スペースを確保できます。

収納アイテム をみる

【ユーティリティ】収納のポイント

【お手入れしやすい素材】

【お手入れしやすい素材】

汚れてもさっと拭ける
『ポリプロピレン』
『ポリエチレン』
『ステンレス』
などの素材が適しています

【Point 1】棚を使う

【Point 1】棚を使う

デットスペースになりやすい洗面台の下も棚を付けると収納力がアップします。

【Point 2】ラックを使う

【Point 2】ラックを使う

洗濯機の上もデットスペースになりがち。
ラックを付けると収納力がアップします。

【Point 3】隙間を使う

【Point 3】隙間を使う

キャスター付きのワゴンは、化粧品やドライヤー、洗濯用の洗剤など、使うときに取り出したいものを入れておくと便利です。

【Point 5】壁面を使う

【Point 5】壁面を使う

壁面に棚を付けるとおしゃれに収納できます。

収納アイテム をみる

【玄関】収納のポイント

【お手入れしやすい素材】

【お手入れしやすい素材】

汚れてもさっと拭ける
『ポリプロピレン』
『ポリエチレン』
『ステンレス』
などの素材が適しています

【Point 1】立ててしまう

【Point 1】立ててしまう

立てて収納することにより1足分のスペースで3足分収納できたりと効率よく収納できます。

【Point 2】重ねてしまう

【Point 2】重ねてしまう

ケースに入れることで重ねて収納できます。
クリアのケースに入れると収納した靴が透けて見えるので取り出しやすくなります。

【Point 3】掛けてしまう

【Point 3】掛けてしまう

突っ張りタイプのラックを付ける事により帽子やバックなど掛けて収納できます。

【Point 4】付けてしまう

【Point 4】付けてしまう

デットスペースになりやすい扉にマグネットタイプの傘立てや棚を付ける事により玄関スペースを有効活用できます。

収納アイテム をみる

【おしやれ】収納のポイント

【Point】ウォールシェルフを使う

【Point】ウォールシェルフを使う

機能性に加えディスプレイ効果があり、見た目にこだわった収納が楽しめます。
取り出しやすくなるのも魅力。さまざまなスペースで活躍できます。

使用例1:キッチン

使用例1:キッチン

スパイスなどを置くだけでもおしゃれ感UP♪

使用例2:玄関

使用例2:玄関

鍵や折りたたみ傘、サングラスなど置いておくとすぐに取り出せて便利です。

使用例3:ユーティリティ

使用例3:ユーティリティ

フレグランスやスタイリングアイテムを置くと使いやすさもおしゃれ感もUPします。

ウォールシェルフ をみる

【子供部屋】収納のポイント

【Point 1】カラーボックスを使う

【Point 1】カラーボックスを使う

成長に応じてフレキシブに対応できる収納アイテムがオススメ。
カラーボックスは用途を変えることができ、リビングにも馴染んで使えます。

【Point 2】子供の目線に合わせる

【Point 2】子供の目線に合わせる

おもちゃや絵本の収納には、こどもの目線でしまえる高さの収納アイテムが便利。
自分で片付ける習慣も身につきます。

【Point 3】棚板の位置を変える

【Point 3】棚板の位置を変える

可動式のカラーボックスの棚板は、位置を変えることでランドセル置きとしても活用できます。

【Point 4】見える収納にする

【Point 4】見える収納にする

半透明の収納ボックスにすると収納したものが見えるため使いやすくなります。
また、引き出しタイプではなくフラップタイプにすることで簡単に取り出しやすくなります。

【Point 5】用途に合わせた収納

【Point 5】用途に合わせた収納

ベビー用品はワゴンに収納すると、いろいろな場所で行う着替えやおむつ替えなど移動に便利です。

子供部屋収納アイテム をみる

季節のおすすめ特集

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中